職業訓練校のWEBクリエータ科で本当に実力がつくのか?3か月間通った成果を大公開!

WEBデザイン

 

こんにちはnissuです。

私はアパレル販売員を辞めてイラストレーターとして活動しながら、転職活動中の25歳です。

職業訓練校でWEBデザインを学べるって知っていましたか?

どんなことを学べるのか、どんなことが出来るようになったのか、注意点は?などなどを実体験をもとにお話ししていこうと思います!

もし職業訓練校でWEBでデザインを学ぼうか専門学校に行こうか迷っているかたがいらっしゃったら、

少しでも参考になると嬉しいです。

 

 

 

HTML5、CSS3を使って簡単なサイトを作れるようになる

 

簡単なサイトってどんなだよというかたへ、

私が最終課題で作った自主サイトでこんな感じです。

 

課題制作のサイト

スマホ用サイトにしました

 

HTMLとCSSには基本構造と記述のルールがあって、

その法則さえ慣れてしまえば私みたいな文系脳の人でもコーディングができるようになります。

私も最初は全然ついていけなくて、新しいことを知るのは楽しいけれどコーディングはしんどいなあ、、と感じていました。でも、絶対いや!!!とは思わなかったんですよね。

拒絶反応が出ない限りは、まだこの地点で「私には向いていない」なんて感じる必要はないと思います。

最初は焦らず、一つ一つ丁寧に読み込みながら理解していくことさえすれば大丈夫だったと、身をもって体感しました。

 

 

illustratorとPhotoshopで自由にデザインが出来るようになる

 

illustratorで作った作品

illustratorで架空のショップカードとメッセージカードを作りました

 

私は学生時代から触っていたので問題なかったのですが、クラスメイトの中には今までWordとExcelとPowerPointだけしか使ったことがないという全くの初心者の方もおられました。

訓練校では画像処理の授業時間もしっかり20時間取ってくれていたので、最初は苦手意識があった人でも出来るようになっていました!!

※各校のカリキュラムによって異なります。

AdobeのソフトはWEBだけに限らず紙やパッケージのデザインだったり、趣味でやってる写真の加工にも使えるので今後にも生かせるスキルですよね!

できることが増えると嬉しくなりますね!

 

資格もゲット!未知だったWEB業界が自分の選択肢の一つになる

 

 

もしかしたら、「ITやWEBの業界は頭のいい人だけの最先端な世界で畑違いかも。」とか「異業種から転身するにはハードルが高い業界だわ。」と思っている方もおられるのではないでしょうか。

ですよね、私もそう思っていました。

確かに、すごく頭を使う業界で論理的思考が求められます。

私は全然論理的ではありませんし、頭の回転も並なのですが、

それでも職業訓練の3か月間でWEBサイトを構築できるようになり、

WEBクリエイター能力認定試験エキスパートという資格をゲットすることが出来ました!!!

この資格で就職が保証されるわけではありませんが、自分の一定のスキルを示す証になりますし、何よりも自分の自身に繋がりますよね!

ちなみに訓練校の先生曰く、この資格を持っていて有利に働くのは、

WEBに力を入れたいと考えているWEB業界以外の企業、

ECショップの運営をしている企業等が上げられるそうです。

どちらにも共通しているのは、深いWEBの知識を持っている人が多くないから、

資格をがある=WEBが得意な人!!!となり、頼りにされるそうです。

(これはあくまで一意見なので絶対じゃありません。へーそういう場合もあるんだ~程度で受け流してくださいね。)

反対にがっつりの制作会社では資格よりも高いスキルが求められるので、それよりもポートフォリオで勝負するのが大事みたいです。

 

ちょっと話が反れましたが、WEBのスキルは色んなものと組み合わせることが出来て、無限の可能性を広げることが出来ます。

例えば、私だったら、前職はアパレル販売員でした。

アパレル×WEBだったら、ネットショッピングの運営やアパレルに特化したWEBマーケティング等。

今までの経験や興味関心あることと組み合わせてもいいですし、がっつりIT系の企業に未経験で転身に挑戦してもいいですね。

 

そんなこんなで、知識を得ることや一定のスキルを資格で表せることは

自分の選択肢を広げることが出来ることが出来ました!!!

WEBってホントにすごい!!

 

同じ無職と未経験からスタートで頑張る仲間に出会える

 

公共職業訓練校に行くということは、すなわち、無職であること。

 

無職って最初はサイッコ~~~~~~~!!!

なんですが、やっぱり何にも所属していないという淋しさ、

仕事をしていないというちょっとした後ろめたさ、

申込書等で自分の社会属性を書くときに無職と書くことの辛さ、

マイナスな感情が押し寄せてくることが度々あります。

(もちろん、目標があって前に進んでいるからそう感じないという人もいらっしゃると思いますが。)

やっぱり大多数の人は、不安をどこかで抱えているんではないかと思います。

 

公共職業訓練校に行くと出会うクラスメイトはみんな同じ無職です。

そこに至るまでの経緯も過ごした環境も全く違うけれど、

訓練校でスキルを身に付けて次のステージに向けて頑張りたい人に沢山出会えます。

私は最初、職業訓練ってやる気がない人達が多くてネガティブだというイメージがありました。

でも、それは180°違っていて、むしろ自分の人生と真剣に向き合っている人が多くポジティブな雰囲気でした。

3か月もあると全員で24人のクラスは仲良くなれるもので、学校の合間にカフェに行ったり、打ち上げをしたり、先生へのサプライズムービーをみんなで撮ったり、学生時代に戻ったみたいにプチ青春も楽しめました!

地域や学科にもよるかもしれませんが、大人になってから前向きにスキルを高め合う同志と出会えるのも職業訓練校のメリットだと思いました。

WEB科は倍率が高い人気コースだったのでヤル気のある人が多かったのかもしれません。

ちなみに私は京都の訓練校で、倍率は2.5倍程でした!

そんなポジティブな刺激も楽しみにされる方はぜひ、人が集まる地域で倍率が高めのコースを受けてみてもいいかもしれませんね!

 

 

メリットが多いからと言っても、気を付けた方がいいことは…

 

いくら給付金が支給されながら、学校で学んで新しいスキルを得られて、仲間に出会えるなんて言っても、

いい面ばかり見ていては「こんなはずじゃなかったー!!!!」なんてことにもなりかねませんよね。

そうならないためにも私の経験談から気に掛けておく点をピックアップしておきます。

 

学べるスキルはほんとに基礎の基礎。自分から知りにいかないと卒業時に差が出る場合も。

 

職業訓練校はあくまで訓練。専門学校とは違って、やはり出来ることに限りがあったり、期間が短くてカリキュラム上応用編に進めなかったりもします。故に、受け身の状態ではなかなか上達しません。

私も訓練校に入る前にそのように書いているブログを見てからだったので、意欲高めに入校しました。

ですが、初心者で通い始めて間もないと、そもそも自分から学ぶといっても何からどうすればいいの!?

分からない状態でした。結局教えてもらったことの復習やWEBクリエイター能力認定試験エキスパートの資格勉強くらいしかできなかったです。

かたや、クラスメイトの中には、毎朝の当番制で交代する1分間スピーチの自分のターンの時に、自主制作のサイトを公開して発表している人がいました。色んな技術を試していて、クラスの中でも一歩先を進んだ人物でした。卒業制作でのサイトはかなり出来栄えが良くて、

やっぱり作っている数がものをいうんだなあ、と。

分からないからどうすればいいの?じゃなくて、分からないけど、まずやってみよう!というマインドを持つことをその人から学びました。

 

無意識的な受け身に気付いて脱却していこう!!!

 

 

やりたいことが定まってないなら就活の枠に捉われず、早い段階から色んなやり方を試して自分にベストな道を探ること。

 

私は入校した瞬間から就活を始めました。結果早ければ早く決まるのかというとそういうわけではありません。

現状私はまだ就活中ですし、デザイナーになる道の険しさにぶつかっています。

デザイナーといっても、とにかくクリエイティブな仕事をしたい私は幅広いジャンルを受けていました。

アパレルデザイナー・WEBデザイナー・グラフィックデザイナー・WEBマーケター・アニメーション制作、、、、

いやいや幅広すぎやろ(笑)というツッコミはさておき、

やりたいことが定まっていない段階で就活を進めていたこと=決まらない理由なのは明確ですよね。

スキル不足やそれを補うためのや熱量、全部が各ジャンルに分散されてしまうのですから。

ですが、毎度毎度「自分に合う・合わない、やりたい・やりたくない、スキ・キライ」を判断する感覚が養われていきます。そして面接を受けるたびに、自分自身の反省点が見えてきます。例えば、話し方かもしれませんし、面接に行くまでの準備かもしれません。

また、メンタリストのDaiGoさんのYouTubeによると、面接は最初の三秒で決まって、内容はほぼ聞いてないそうです。

それがほんとだとすると、面接に行くまでの準備段階でどれだけ自分に自信を持たせてあげられるかが勝負ってことですよね。

 

というわけで、分からない状態でも早めの段階から面接を受けに行くからこそ、やりたいこととやらねばならぬことが見えてくるのではないかと思います。

 

 

職業訓練校で本当にスキルが付くのかの結論。

 

基礎的なスキルは付きます!!!!

・HTML5とCSS3の構造がわかって、コードが打てるようになる。

・illustratorとPhotoshopが使えるようになる。

・jqueryの使い方がわかる、サイトに動きを付けたりできるようになる。

・SEO対策やキャッチコピー、マーケティングのことを意識し始められる。

・WEBクリエイター能力認定試験エキスパートの資格に合格できる。(程度のスキルは身に付く。受験は任意です。)

これだけでもかなり十分じゃないですか?

ですがこれはあくまで土台です。ここからが就職を分ける本番。

もし本当にデザイナーの道を望むなら、受け身姿勢ならこれくらいしか身に付かないことを念頭に入れた上で、どれだけ沢山のサイト制作をしていけるかにかかっているのではないかと思います。

職業訓練校に通おうか迷っている皆さん。

WEBの基礎知識をしっかりと学べるのでかなり価値ありです。

しかも、無料で給付金を貰いながら3か月間なので、何十万もお金を払ってイチかバチかの専門学校に行くよりも新しいことに挑戦しやすいですよね!

もし、行ってみて合わないかも??と思っても、

これからますますITのスキルや知識は必要となる時代ですので、やったことは必ず何かに活きてくるはずです!

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

番外編:崖っぷちデザイナーの卵の私が今後目指したいこと、見えました。

 

 

そんな私は、卒業してからもうすぐ1カ月を経とうとしている今、やっと本気で挑戦したいことに出会いました。

海外でWEBデザイナーの有給インターンです!!!

WantedlyというSNS型の就活サービスで偶然見つけ、気が付いたら応募して翌日にはオンライン面談をしてしまっていました。

(※Wantedlyはスタートアップや面白いことをしているちょっと変わった企業と出会えることが特徴です。)

もともと人生の中のどこかで海外修行してみたいと思っていたこと、デザインを仕事にしたいこと、

日本以外の都市を見て視野を広げたいこと、30歳で独立したいこと、

色んなやりたいことが全部一気に繋がってビビッと来てしまいました。

そして来月には本社である東京に面接に行ってきます!!

 

どうなるか分かりません、泣いても笑っても、今やりたいと思ったことに突き進んで、

悔いなく生きていきたいと思います!!

一緒に頑張っていきましょうね!!