博多・おんな一人旅。地元の人に聞いたお洒落な街の歩き方2

 

こんにちは、にすはる(@nissu0987)です。

先日、博多へ一人旅に行って来ました。

前回に引き続き、私の行った場所やおすすめのスポットをご紹介します!

 

[box class=”blue_box” title=”前回の記事はこちら”]博多・おんな一人旅。地元の人に聞いたお洒落な街の歩き方2[/box]

 

 

 

本格スリランカカレー・モナラで腹ごしらえをする

 

お昼時。そろそろおなかが空いてきました。

薬院駅から歩くこと6分の場所にある

スリランカ家庭料理・モナラ

 

 

清川サンロード商店街の入ってすぐの左側に小さな看板が目印。

実はここのカレー、前回紹介したグラノーラ専門店の店主さんが教えてくださいました。

博多には他にも並ぶ有名店があるけれど、実はここが穴場かつ本家でピカイチとのこと。

 

 

私が着いたのが13時半ごろ。

お昼のピークの時間帯を過ぎていたのもあって、店内はお客さんもおらず静かでした。

エスニックな町のカレー屋さんって感じ!

一人でも全然気にならないです!

 

 

 

今回注文したのはこちらの『スリランカカリーのランチセット ¥890』

セット内容は2種類のカレー / サラダ / アイスクリーム /  紅茶

私はプラス200円でドリンクをマンゴーラッシーに変更しました!

 

辛さは5段階選べて、日本人の辛口レベルでは★★★だそう。

私は中辛派なので★★にしました!

お味の方は、、、、

 

旨い!そして、結構辛い!!笑

 

チキンにはしっかりうまみ成分が染み込んでいて、噛めば噛むほどジューシーでした。

ピリ辛を求める方には★★だと辛さ強いかもしれません。

 

辛さ耐性に限界がきて休み休み食べていると、それに気づいた外国人スタッフのお兄さんが素敵な笑顔でやってきて

外国人スタッフさん

チョット辛カッタカナ?

今カラ甘口出来ルヨ

にすはる
え~そんなことできるんですか!?(涙目)
外国人スタッフさん

デキルデキル~!

チョット待ッテテネ~!

 

なんと、私のカレーに辛くないルーを足して薄めてくれました!

 

 

そのおかげで完食!!!(拍手)

何も言ってないのに、自ら気付いて提案してくれるホスピタリティーに感動。

その後もめっちゃ気にかけてくれて優しかった~!

「美味しかったです!ありがとう!」

満面の笑みでお店を後にしました。

 

将来結婚するならあんな優しい旦那さんがいいなあ~(呟き)

 

 

 

 

 

インテリアショップ激戦区の渡辺通りを散歩する

 

 

モナラのある商店街が面しているのが渡辺通り。

この通りをずっと北の方面に進んで行くと博多の街の中心部である大名や天神に行きつきます。

せっかくだから歩いちゃえ!ということで散策開始。

 

緑が植えられているきれいに整備された街並みで、そこには沢山のお洒落インテリアショップがありました。

 

 

Bivi福岡には unico やACTUSなど有名なお洒落インテリアを取り扱うお店が沢山。

他にも、スタイリッシュなオフィス家具の専門店など、

さまざまな家具が見れるので、インテリア好きな方はこの道を歩いて散策してみてもいいかもしれません♬

 

 

 

 

お洒落スポット大名でショッピングもいいけど、アートが素敵

 

さて、渡辺通りを抜けて少し路地に入るとなんだか街の雰囲気がガラリと変わりました。

 

 

ここは大名。博多のカルチャーが集まる中心部。

トレンド、ファッション、グルメ、エンタメがギュッと詰まった街なのです。

 

道を歩いていると、いろんな落書きがあって楽しい。

 

 

めっちゃ走る人と自転車ががなんだか妙にマッチしてコミカルなものだったり

 

 

自転車が落書きに一体化したみたいだったり、

 

 

もはやコミックin街って感じだったり。

 

私は街の落書きが好きでよく写真に残すのですが、特に博多はいい感じのお洒落アートに出会える率が高い!

そしてもちろん、ショッピングするなら商業施設や路面店が密集している大名・天神エリアが一番楽しいですよ~!

 

 

 

 

ひっそり構える秘密基地で冒険気分を味わう

 

天神からバスに乗り、南薬院のバス停で降りてすぐのマクドナルドが目印。

住宅の並びにあるのが『krank&marcello』です。

 

 

一見、個人の住宅のように見えるので素通りしてしまう方もいるかもしれません。

この1階にはアンティーク家具を取り扱う『krank』

3階はアパレルのセレクトショップ『marcello』と分けられています。

 

まず、krankさんの扉を恐る恐る開けると、暗めの照明にコンクリート張りの内装。

重厚感のある年代物のアンティーク家具がディスプレイされていました。

オーナーの藤井さんが直接ベルギーやオランダ、フランスに行って買い付けをされているそうです。

 

 

そして、お次はmarcelloさんへ。

 

 

一度お店を出て左側にある細い階段を上がっていき、ドアを開けると、、

 

 

ハッとさせられる屋上の景色。

夕焼けに照らされてなんだか幻想的です。

 

さらに奥のドアを開けて先に進むとお店の中へ入れます。

(これ以降中は撮影してませんので空想でお楽しみください。笑)

 

年代物のヴィンテージの洋服やセレクトされたアイテムが丁寧にディスプレイされていて、

古いものの持つ”懐かしさ”と現代のクリエイションの”新しさ”が融合している、

時間の感覚を忘れてしまいそうな空間でした。

お店のいたるところに”遊び心溢れる仕掛け”があって、見つけるたびになんだか心がホッとしました。

 

お店の奥には一見、戸棚?に見えるドアがあってその奥には秘密の小部屋が、、

その時々によって内容の変わる展示がされています。

これは行ってからのお楽しみということで、、、

この日はオーナーさんは接客中であいさつ程度しが出来ませんでしたが、ほんわかしたとっても素敵なお方。

出口までお見送りしてくださいました。お店が愛される理由ですね!

 

 

 

 

文具店で手紙を書いて有意義な時間を過ごす

 

 

 

私が博多の中で一番好きで来るたびに訪れているのがこちら『Linde Cartonnage

地下鉄・大濠公園駅から大通り沿いを歩いて5分。

小さなビルの2階にある、紙と万年筆とインクと箱など文具を扱うセレクトショップです。

 

お店に入ると素敵な香りが。開放的な窓からは大濠公園が一望できていい眺めです。

ベルギー、イタリア、ドイツ、韓国に足を運んで買い付けた文具たちはどれもこれも素敵なんです。

 

 

皆さんは大人になってから文通ってしていますか?

メールやLINEが当たり前になっている現代の人々に、手紙を書っていいもんだよ!と、

文通の喜びや楽しさを伝えている素敵なお店。

オーナーの瀬口さんが万年筆の使い方やインクの違い、紙にまつわる色んな知識を一つ一つ丁寧に教えてくださいます!

 

 

私も2年ほど前にこちらで万年筆を購入してから文通の魅力にどハマりしています。

オーナーさんやお客同士で仲良くなったお友達と実際に今までしてきた文通の一部。

 

 

 

手紙だけでなく活版印刷のサービスもされているのでオリジナルの名刺も作成できますよ!

 

 

 

また、定期的に『手紙のじかん』というワークショップが開催されており、

カリグラフィーやイラストなど、様々な作家さんとコラボをしながら実際に万年筆やインクに触れることができるので、

気になる方は足を運んでみてくださいね!

 

 

 

 

 

まとめ

 

[box class=”yellow_box” title=”午後に行ったお店&場所”]

  • スリランカ家庭料理 モナラ
  • 渡辺通り
  • 大名・天神
  • krank&marcello
  • Linde Cartonnage[/box]

 

今回の博多一人旅、いかがでしたでしょうか。

今回はのんびり旅だったのでほぼ歩き&一つ一つの滞在がゆっくりでしたが、

博多は100円バスという路線バスが沢山走っていて電車で行けない場所でもスムーズに移動することもできるのでぜひ活用してみてくださいね。

[btn class=”simple”]西鉄100円バスについてはこちらを読んでね![/btn]

 

また、この翌日はお友達のお力を借りて、車でしか行けない素敵なお店に行ってきました!

次回はちょっと離れた福岡のいいお店をご紹介しますね!

 

 

 

イケてる地方・福岡を見て思ったこと

 

 

屋台、グルメ、お洒落、明太子、ラーメン、商店街、

博多って独特なカルチャーがあって行くたびに発見がある魅力的な街なんですよね。

そして、福岡の方々って会う人みんな福岡のことが大好きで、地元愛に溢れているんです!

だからこそ、九州一番の都市として発展しつつも、昔ながらの伝統もしっかりと根付いているんだろうなと思いました!

 

やっぱり、そこに住む人たちが街を愛し、人との繋がりを大切にしていることこそが、

街の活性化にも繋がるんだと思いました。

 

ってことは、他の地方だってその土地のことが大好き!!という人たちが繋がって、

大きな輪に広がっていけばイキイキとした街が沢山作れるはず!

最後に愛は勝つ、ですね!

いろんな地方のことをもっと知っていきたいなと改めて思った福岡の旅でした。

 

 

 

 

1994年生まれの25歳。 Instagramに掲載した1枚の絵がきっかけで依頼を受け、絵を描き始めたアパレル系イラストレーター。 アパレル企画職を夢見て販売員として入社。半期個人売り上げ10/200位で表彰されるが、希望職になるには年月が必要だと挫折。ひょんなことから始めたブログをきっかけに、自分が本当に進みたい人生について向き合い、新卒で2年半務めた会社を退職することを決意。 自他ともに認める多趣味なアクティブ女子。当ブログではファッション、イラスト、旅、日々の楽しみ方について発信中。 「なんかやりたい」が口癖のあなたへちょっぴりとしたスパイスをお届け。 ファッション・女性・花を題材とした優しくアンニュイな絵が得意。 名刺用イラストの依頼実績あり。 現在、主にオンラインショップにてイラストグッズを販売している。
投稿を作成しました 18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る