気まずいからって、隠し事していいこと、そうでないこと。

生き方

 

 

誰にだって隠し事はある。

恥ずかしくて言えないこととか、

相手に知られたらどちらかが(もしくは両方に)不利益が生じるとか、

気まずくなってしまうかもしれないとか。

そんなことになるくらいなら、言わなくたっていいと思うのが人間の心理なんじゃないかな。

 

でも今、隠し事をすることに対していてモヤモヤしていたり、

本当にいいのかな?と心配になっていたり。

もしそうだったとしたら、それは”隠すべきことなのかどうか” を疑ってみてほしい。

 

隠し事をする理由は人によって様々だけど、

共通して言えることは

”誰かの身を守るため” だと思う。

それは、自分自身かもしれないし、友達・家族・恋人かもしれない。

 

今もし、言うべきか言わないべきか迷っているんだとしたら、

”この隠し事で守られるのは誰なのか” を考えてみてはどうだろう?

 

 

相手との信頼関係を築く中で、ギクシャクする種になってしまわないのか、

というのが一番大切なんじゃないかと思う。

 

目の前の気まずさはとても辛いけど、

相手の立場になった時に『自分なら教えてほしかった。』と少しでも感じるなら、

それはきっと ”正直に話したほうがいいこと”  なんだと思う。