地域活性化への思い。滋賀にはまだまだ可能性が眠っている。

生き方

 

 

こんにちは、滋賀県出身・倉敷在住のアパレル女子 にすはるです。

大学卒業するまで滋賀県の実家暮らし。

京都の大学に通い、就職してからは京都で念願の一人暮らしをしてました。

倉敷での生活もやっと4か月経とうとしています。

 

ブログを始めたのは実はつい最近。

なぜ、始めたのかはこちらの記事にも書いていますが、

私は地域活性化、いわゆる町おこし事業に携わってみたいという思いがあります。

そしてブログを通じて、自分のことを発信して沢山の人と繋がりを持ったり、

ゆくゆくは仲間とともに新しいことに挑戦していきたいと思っています。

今日はそんな私の気持ちのお話しです。(決意表明でもある)

 

 

 

 

滋賀なんて出たくてしょうがなかった

 

 

f:id:nisudadada:20180916115913j:plain
奥に見える三角屋根がお寺

 

 

 

私はど・田舎の滋賀県生まれ、滋賀県育ち。

実家の周りをすこし歩けば360°の田んぼ。

夕方になると村のお寺の鐘が一日の終わりの合図でした。

小学校の頃は、買い物といえば母の車で隣町の平和堂。

それしか知らないし、それで十分でした。

けれど、そんなのも大きくなるにつれ以前のようには満足できなくなるもの。

次第に周りの友達は県外へお買い物へ出かけるのですが、父は私が最初の子ということもあり遠出をなかなか許してはくれませんでした。

そんなこともあり、何もないクソ田舎の小さな世界 から早く脱出したくて仕方がありませんでした。

イオンとアウトレットと琵琶湖しかない 地元にうんざりしていたのです。

 

 

 

 

カメラを始めて気付いた。クソ田舎の素敵な魅力。

 

f:id:nisudadada:20180916115932j:plain
MIHOミュージアム

 

 

 

大学3年生の時にカメラを始めてから景色や日常風景に目を向けるようになりました。そうすると、まだ知らなかった滋賀県の素敵な景色、場所が沢山発見がありました。

知ろうとする前から無いと決めつけていたんです。

 

それからは、県外の友達を呼んでドライブをしたり、

滋賀で撮った写真を旅先で出会った県外の人に紹介したり、

自称プチ観光大使な気分で魅力をアピールしていました。

 

 

社会人になって京都で一人暮らしを始めました。

やっぱり都会の地でもっと違う世界を見て見たかったからです。

京都は便利すぎて感動しました。徒歩圏内にコンビニやスーパーがあって、電車ですぐに繁華街に行ける。

そんな毎日が新鮮でとっても楽しかったんです。

ですが、慣れない一人暮らしと仕事に追われる日々。

月に1回帰省をするたび、地元ののどかな風景や穏やかな生活にとても癒されていました。

 

f:id:nisudadada:20180916115930j:plain
大好きな琵琶湖の風景

 

 

なんでもあって楽しい京都、何もないけど安らぐ滋賀。

そこで、何もないから逆に良い、滋賀をもっと好きになりました。

 

 

 

 

地域ブランディングにときめいたきっかけ

 

 

f:id:nisudadada:20180916121035j:plain

 

 

地域ブランディングという言葉を知ったのは大学の授業。

当時アパレル専攻だった私は制作の他に、社会学的な視点からのファッション学に興味がありました。

大量生産・大量消費に疑問を投げかけたサスティナブル(持続可能な)ファッション、

人手不足により閉鎖を強いられる工場やそれをなんとかしようとする取り組み、

伝統工芸や服飾品の若者離れと地方創生などを幅広いテーマを扱う授業内容。

そんな中でブランディングというワードを耳にしました。

売り出し方に悩む地元の会社や地域をデザインやマーケティングやプロモーションの力で市場価値を高め、人を巻き込んで元気にする。

めちゃめちゃ楽しそうで人の為にもなるところに魅力を感じ、

もし、滋賀県を売り出したらどんな感じでできるだろう、と考えるようになりました。

そんな小さな空想が最初のきっかけでした。

 

 

 

 

 

レールの上を歩いて気付けたこと

 

 

f:id:nisudadada:20180916121609j:plain
蹴上インクライン

 

 

実は一度、大学卒業する前に踏み出してみようと地方創生イベントに参加したことがあります。

ですが、就職先が決まっていてレールを外れる勇気がなくて踏み出せず、結局やりたかったけど踏み込めなかったという思いを残したままでいました。

そんなこんなで今はアパレル接客業をしています。

直接やりたいことではなかったけれど、この経験おかげで気付けたことがありました。

 

 

①人と繋がったり話すことが好き

②誰かの役に立てた時にすごく嬉しい

③なぜか地域活性化への興味がなくならない

 

 

 

なので、色んな人たちとの関わりを楽しみながら地域活性に参加して、結果誰かの役に立つことができたらいいな、と考えています。

 

 

 

将来的にやってみたいこと

 

①ファッションスタイリスト・コンサル

 

アパレル販売員の仕事の中で、お客様が新しい自分に出会えたり、

似合う洋服を着て笑顔になった瞬間が堪らなく好きなんです。

トレンドもいいけれど、その人の魅力を高める服選びをするのが私の中で一番大事にしているところ。

今は1つのブランドに所属しているけれど、

将来的には、ブランドの垣根を越えて、もっとその人のことをじっくり知った上でスタイリングをしてみたいです。

 

 

②町おこし・地域活性

 

大好きなファッション・デザイン・アート・音楽の分野を交えながら町おこしをしたいです。

町と人が集い、繋がって生活が楽しくなるようなことが出来たらいいな。

その形はイベントなのか、店をつくるのか、WEB配信なのかまだ分かりません。

まだ何もないゼロだけど、小さくても行動を起こせばいつかできるはず、ですよね!

 

 

 

 

今からすること宣言

 

まずは私自身の発信力をつけて、思う存分動ける環境を作るためにこの3カ月

①ブログ・WEAR・twitterを毎日継続して自分のことを知ってもらう

②地域イベントに積極参加して色んな人の話を聞く

③本を読む

④インプットしたらアウトプット

 

この3つをヤります。

(※やってなかったら罵倒しながらしばき倒してください。)

 

 

長文を最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事を読んで何か感じて下さった方、

コメントいただけたら泣いて喜びます。

 

各SNSやっておりますので相互フォローよろしくお願いいたします!

 

 

相棒カメラ:pentax KS1

f:id:nisudadada:20180917004427j:plain